アルミホイールの買取ならお任せ下さい。

アルミホイール買取センター

アルミホイールの買取【ポイントとFAQ】

当社はアルミホイールの買取を専門的に取り扱っている業者です。古くなったり、不用になったりしたアルミホイールがあるならば、当社が現金出張買取に対応します。アルミホイールは自動車用だけではなく、トラック用やバス用にも対応可能です。これまでに一般の利用者だけではなく、法人の利用者もたくさんいます。多くの買取実績があり、どのようなケースでも迅速に対応して、素早く買取に対応してきた実績があります。買取したアルミホイールは原材料として活用します。

アルミホイール 買取

そのため、アルミホイールが潰れていたり割れていたりしても問題なく買取することが可能です。基本的に買取に対応できないアルミホイールはありません。また、アルミホイールだけではなく不用品の無料回収サービスもセットで行っています。パソコンなどの家電くずやポリ缶などのプラスチックもすべて無料で回収を実施します。さらに、自動車用の廃バッテリーの買取も出張で対応しています。廃バッテリーは鉛の原材料として活用することができるため、使えない状態のものや傷のついたものでも問題なく買取できます。無料で相談を受けつけているため、アルミホイールの買取について悩みがあるならば、ぜひ風間商事(アルミホイール買取センター)までご相談ください。

01アルミホイールの買取店とは

アルミホイールの買取店とは、自家用車などに使用されているアルミホイールを専門に買取しているお店のことです。
本来の目的で再利用するために買取しているお店もありますが、もう車のアルミホイールとしては利用できなくなった古いものを、アルミニウムの原材料として再利用するために買取しているお店もあります。
当然前者の場合は新品に近いほど買取価格が高くなり、人気商品の方が需要もありますが、後者の場合は程度や人気などに関係など、重さなど決められた一律の単価で買取価格が決められることになります。
したがって、まだ本来の目的で利用できて価値があるものは前者に、古くてそのようなお店では買取してもらえないようなホイールは、後者を利用することをおすすめします。
買取方法はお店によっても異なり、店頭で買取しているところもあれば、出張買取で回収に来てくれるところもあります。
アルミホイールを自家用車で運ぶ場合は数にも限界がありますし、ガソリンスタンドや整備工場やタクシー会社など、自動車をたくさん取り扱っている法人ほど処分が大変であることから、出張買取はとても便利な買取方法です。
電話一本で会社や自宅まで駆けつけてくれる買取店もあるので、状況に合わせて便利に利用してください。

02アルミホイールを初めて買取に出すときに覚えておくこと

アルミホイールを本来の使用目的で買取してもらう場合は、できるだけその価値を知ってもらえて高く買取してくれる業者を見つければいいわけですが、アルミホイールの原材料を目的として買取をしているお店を利用する場合は、それとは話が変わってきます。
原材料としてアルミホイールを買取してもらう場合は、大抵キロ単位で買取価格を提示されることになるため、その仕組みをしっかり理解したうえでお店選びを行いましょう。昔から古新聞や古雑誌を回収して、再利用することは行われていましたが、今の時代は特に地球上の資源を大切にするリサイクル活動に力を入れている企業が増えていて、アルミニウムや鉛や銅やステンレスなど、あらゆる金属類も資源原材料としていろいろなものに再利用されています。

アルミホイールを初めて買取に出すときに覚えておくこと

実はアルミニウムは商品先物にも登録されていて、商品相場と呼ばれる価格が存在しています。相場は常に変動していて、時期によって買取価格も変わってくるため、買取に出すタイミングも大事なポイントになります。実際に、以前はアルミニウムがかなり安い時期がありました。
また、アルミニウムをお金に替えられることを知らないで、経費をかけて処分してもらっている方も今でも多くいるため、今後は専門の買取店を探して便利に利用することをおすすめします。

03アルミホイールの買取に関することで良くある3つの悩み

1.どのような状態でも買取してもらえるか心配
アルミホイールを、本来の目的で再利用するために買取を行っている買取業者に持ち込む場合は、状態によって買取してもらえないケースもあります。しかし、アルミホイールの材料を目的に買取している業者であれば、どんなに傷がついていても変形していても必ず買取してもらえるので心配する必要はありません。
ただし、タイヤ付きの場合は、タイヤの状態などによって買取価格が変わることもあるので注意してください。

2.アルミホイールをお店に持ち込むことができない
重たいアルミホイールを自分でお店まで運ぶことができないという方も少なくないと思います。また、アルミホイールが大量にあるため、一度に運ぶことができない方もたくさんいます。
お店の買取の仕方によっても異なりますが、アルミホイールの買取業者の多くは、指定した場所まで回収に来てくれるのが一般的なので、あとは対応エリアだけを確認して、対応可能か事前に確認してください。

3.古い未使用のアルミホイールを買取に出したい
未使用品なら、どの買取店でも買取してもらうことは可能ですが、その場合はアルミホイールとして再利用する目的で買取しているお店を利用した方が、高値がつく可能性が高いです。
材料として再利用するために買取しているお店では、新品でも中古品でも買取価格は同じです。

04アルミホイールのデザインの種類を紹介

アルミホイール 買取

車好きの方の多くはホイールにもこだわり、購入時についてきたスチールホイールをアルミホイールに交換する方もたくさんいます。
車好きでなくても自分の好きなデザインにこだわって愛車を選択するように、車大好き人間たちはホイールのデザインにもこだわりをもっているようです。
ホイールのデザインには、主に「スポーク」「メッシュ」「フィン」「ディッシュ」などの種類が用意されています。
スポークは、外周と車輪の中心をつないでいる太めのスポークが、放射状に伸びているシンプルなデザインで、軽量で冷却性に優れているのが大きな特徴です。
メッシュは、スポークが網目状で枝分かれしているデザインで、剛性に優れているのが特徴です。
フィンは、細いスポークを増やしたデザインとなっていて、冷却性に優れているのが特徴です。繊細であることから高級感が感じられ、スタイリッシュであることからマニアの間ではとても人気のデザインとなっているみたいです。
ディッシは、ディスク面が皿のような円盤状のデザインになっていて、空気抵抗を抑え剛性が高く、重さがあることから燃費は悪くなりやすいようです。

05埼玉を中心に幅広い地域でアルミホイールを買取

埼玉県さいたま市に拠点を構え、東京、神奈川、千葉など広域にわたってアルミホイールの買取を行っています。
さいたま市は2001年に埼玉県の中心都市である浦和市と大宮市、与野市が合併してできた政令指定都市であり、2021年7月時点の人口は133万人を超えていて、県庁所在地にもなっています。
日本屈指の大都市であることから、都市機能の充実度は非常に高く、近年は住みやすい街ランキングで上位をキープしています。
政令指定都市の中では最も東京に近いこともさいたま市の大きな特徴で、都内には30分以内で行くことができます。東京だけではなく神奈川や千葉へのアクセスも良く、社会問題となっている待機児童問題の整備も進んでいるため、子育てのしやすい街としてファミリー層にも人気があります。さらに、さいたま市では日本一の教育都市を目指していることから、いろいろな面で整備が進んでいます。
大都市であることから、観光スポットや有名な施設もたくさんあって、大きなコンサートなども頻繁に開催されている「さいたまスーパーアリーナ」やサッカーの国際大会も開かれる「埼玉スタジアム」などは、全国的に有名です。
ほかにも、鉄道博物館や大宮氷川神社など多くの観光スポットが存在しています。

06自動車のアルミホイールを買取してもらうとどのくらいになる?

一般的な自動車のホイールは、買取に出してもそこまで高額な値段がつくことはありませんが、高級車の純正品アルミホイールや後から自身で購入したデザイン性の高いアルミホイールともなれば話は変わってきます。
ただし、どんな高価なホイールでも、状態が悪いと値段がつかないこともあり、アルミホイール本来の目的で再利用するなら、ホイールは必ず4本セットで持ち込まなくてはいけません。

自動車のアルミホイールを買取してもらうとどのくらいになる?

また、買取に出すお店によっても買取価格は変わります。これは、自動車そのものを売却するときと同じ原理なので、できるだけ高くアルミホイールを売りたいなら、複数のお店から相見積りをとることをおすすめします。
アルミホイールは、直接買取店に持ち込むか、出張買取してもらえるお店を選択するか、インターネット上で買取を行っているお店へ配送して買取してもらう3つの方法があります。
アルミホイールを買取してもらえるのは、一般的には4年までと言われていて、それ以上古いものになると買取不可となることが多いです。
ただし、古いアルミホイールでも買取可能なお店もあって、アルミホイールの原料の買取を目的としているお店なら、どんなに古くて傷がたくさんついているものでも、セットになっていなくても買取可能となっています。

07アルミホイールを買取に出すときの3つのポイント

01売ると決めたら早めに行動に移す


アルミホイールにはこだわりを持っている方も少なくなくて、中古ではなく新品が選択されることの方が多いため、製造年数が古いものの需要はどんどん低くなってしまいます。
一般的には4年を超えた商品は価値がほとんどなくなってしまうので、できるだけ早い段階で買取に出すことが、高価買取を獲得するためのポイントです。

02売る時期を見極めることも大事


アルミホイールはなるべく新しいうちに買取に出した方が良いですが、ホイールの需要が高まる時期があるので、その点も把握しておきましょう。
ホイールの需要が高まるのは10月と11月、2月と3月の時期で、その理由はこの時期にスタッドレスタイヤの交換が行われるからです。
タイヤ交換するときにホイールも取り換えようと考えている人は多いです。

03売れないアルミホイールは材料として買取してもらう


製造年数がどんなに経っていても、ホイールにたくさんの傷がついていても、材料として売りに出すならいつでも買取してもらうことが可能です。
最近では廃アルミホイールの専門店も全国的に増えています。ただし、お店によって買取価格も異なるので、できるだけ高く売りたいなら、相見積りをとることをおすすめします。

08アルミホイールの買取はどこの業者に依頼しても一緒なの?

アルミホイールを本来の目的で使用するために買取してくれる業者を選ぶのと違い、もう本来の目的では利用できなくなったホイールを買取に出す業者を選ぶときには、特に業者選びに注意しなくてはいけません。
アルミホイールを資源として買取する場合は、資源の価格変動があるため、それに合わせて買取単価を変えているかどうかが大きなポイントとなります。
資源の価格が上がっているのに、長年低いままの単価で買取している業者は信頼できなく、取引しない方が良いでしょう。そのような業者は誠実な営業をしているとは言えません。
そのような業者がもし途中でライバルの買取業者が登場して場合、すぐに前に提示した価格よりも見積金額をアップしてきます。したがって、たとえライバル業者がいなくても、ほかにも見積りしてもらっている業者があることを伝えて、すぐに買取価格をアップするかどうかを確認してみるのも、信頼できる業者かどうかを見分ける良い方法です。
また、資材を買取している業者の中には、スピーカーを付けた車両を所有して巡回しているようなところがありますが、そのような車両を持っている業者のほとんどは無許可で活動をしているので、はじめから候補から除外するのが賢明な判断です。

09買取に関することである相談事例を紹介

買取に関することである相談事例を紹介

本来の目的で使用できなくなったアルミホイールをどうやって高く買取しているかという質問や、他社よりも高くアルミホイールを買取して欲しいという相談を多くのお客様より頂きます。
最初の質問に関しては、廃材となったホイールでも、アルミホイールの場合はその主原料であるアルミを再利用するから買取可能となっています。
2つ目の他社よりも高く買取して欲しいという相談に関しては、様々な企業努力によって高額買取を実現しています。
たとえば、余計な経費をできるだけカットすることで、その分を買取価格に反映させています。作業に使用するトラックを統一して車両に掛かる経費を抑えたり、作業工事をアップさせるための工具も必要最低限にしたりするなど、できることは他にもたくさんあります。
また、回収したホイールを長期間保管しないで短期間で売却することにより、バックヤードに掛かる費用を抑えて、その分を買取価格に反映させることもしています。
買取方法を出張買取に絞ることで、人件費などを抑える努力もしています。買取品目を極力抑えることでも、余計な手間や人件費を抑えています。

10利用者からよくある3つの質問

質問 アルミホイールならどんなものでも買取してもらえますか?
回答 自動車用のアルミホイールであれば、状態などに関係なくどのようなものでも買取可能です。
原材料としての買取を行っていることから、傷がどんなにたくさんあっても、ホイールが曲がっていて、割れていても全く問題ありません。
4本揃っていなくても関係ないので、お気軽にご利用ください。
質問 新品のアルミホイールでも買取してくれますか?
回答 新品のアルミホイールでも買取することはできますが、当社のように原材料としてホイールを買取しているお店では、本来のホイールとしての価値がつかないことから、どうしても買取価格は低くなってしまう可能性が高いです。
未使用品やまだ十分にホイールとして使用できるものなら、他の買取店に持ち込み査定をしてもらった方が、満足いく値段を提示してもらえると思います。
質問 買取業者によって価格は大きくことなるの?
回答 一概には言えませんが、アルミホイールの買取価格が大きく異なることは十分に考えられます。
その理由は、業者にとって買取したホイールをどのように取り扱うかも異なりますし、利益の取り方も違うからです。
当社では、できる限りお客様に満足していただけるように、経費を削減するなどの企業努力によって高額買取を実施していますが、全ての買取業者がそうとは限りません。

11取引業者を選ぶ際の注意点

POINT できるだけ高く買取して欲しいなら、複数の業者から相見積りをとることが基本となりますが、見積りを取る数にも限りがあると思うので、見積りを依頼する前にはネットなどで検索して良さそうな業者を探すことからはじめることをおすすめします。
このときに、ネット上に会社のWEBサイトを掲載していないようなところとは取引しない方が良いと思います。
確かに、高額買取できる大事な要素の1つとして余計な経費をカットすることが挙げられますが、ネット社会において自社のWEBサイトの有無は信用に大きく関わります。
たとえば、銀行で法人の口座をつくろうとしても、新規で立ち上げた会社ではWEBサイトがなければ口座を開設してもらえないこともあります。それだけWEBサイトの有無が信用を左右する材料になるのです。
また、買取業者の中には悪徳業者も混ざっていて、そのような業者の特徴としてWEBサイトをつくっていないことが挙げられます。
WEBサイトの中には、高額買取を可能にしている理由も書かれています。所在もしっかり明記されているので、信頼度がアップします。安心して取り引きできる大きな指針となるのです。

12カタカナだけど通じないで自動車用語

アルミホイールを英語だと思っている方は多いと思いますが、英語では「ALUMINUM WHEEL」が正解で、日本語発音で「アルミホイール」と言っても伝わらない可能性が高いです。
このように、日本人が英語だと思って普段使用しているカタカナの自動車用語はたくさんあります。
たとえば、「ハンドル」とアメリカ人などに言っても、それが何かを理解してもらうことは難しいです。ハンドルは英語だと「steering wheel(ステアリングホイール)」または「wheel(ホイール)」と呼びます。
アクセルは、「accelerator pedal(加速用ペダル)」を省略した言葉ですが、アクセルというだけでは理解してもらうことは難しく、日常的には「gas pedal(ガスペダル)」または「gas(ガス)」と呼ばれています。
ウィンカーは、完全な和製英語で、英語では「turn signal(ターンシグナル)」や「blinker(ブリンカー)」「flasher(フラッシャー)」などと言われるため、何度ウィンカーと言っても通じません。
クラクションは英語では「horn(ホーン)」と呼び、ボンネットは英語では「engine hood(エンジンフード)」と呼ばれています。
ガソリンは、アメリカでは通じますが、イギリスでは「petrol(ペトロール)」と呼ぶのが一般的です。

FAQ一覧

お役立ち情報

アルミホイールがお金になるカラクリとは
展開
本来の目的で使用できなくなったアルミホイールがお金になる理由を知りたい方への回答が、分かりやすく書かれています。
今は特にアルミホイールが売れる時代である理由も解説しているので、気になる方は参考にしてください。
詳細情報

PageTop