不用品の無料回収|東京都の自動車用アルミホイール出張買取ならアルミホイール買取センター

アルミホイール買取センター

不用品の無料回収サービスについて

●アルミホイール買取時の無料回収のサービスについて

通常、産廃業者が処分料金を算出する際の計算方法は1m四方の立方体m3(一辺が1mの四角の箱を想像して下さい。)で業界では立米(リュウベイ・リュウベ)などと呼び、1立米いくらという感じで単価を算出しています。東京都内では鉄くずやエレメントなどの処分を産廃業者に依頼した場合は1立米15,000円位の処分料金が平均的な相場のようです。車関連の業界ではフタの付いた空のドラム缶をお店の裏に置いたままにして、鉄くずやオイルエレメントを溜めていき満杯になってから産廃業者に回収の依頼をして取りに来てもらう方式が多いです。
産廃業者の多くが非常に儲かっている(お客様にとっては高額な処分料金になる)のは回収時の処分料金をこの立米単位で計算するからです。もちろん、見積もりの計算が素早く簡単にできるというメリットもありますが、それは業者側のメリットだけです。例えば、ビーチボールや空の段ボールのように実際の重さはわずか(重くても数キロ)でも、立米で計算すれば空気が入ったままのビーチボールや中身の入っていない空の段ボール箱でも1立米で計算するので、あっという間に何万円もの金額になります。多くの産廃業者では最低単位が1立米なのでドラム缶(最も一般的なもので容量は200リットル、直径が約0.6m、高さが約0.9mあります。体積は約0.25立法になります。)だとしても1立米分の処分料金を取られているのはあまり知られていません。産廃業者もわざわざ教える事はしないですよね。他にも業務で使用していた電化製品(洗濯機や乾燥機、パソコンや掃除機など)が壊れてしまった時に処分をしようとすれば産廃業者は必ず処分料金を請求します。それが産廃業者の商売の方法であり、トラックや作業スタッフなどの経費が多くかかっているので仕方がありません。今までは処分を依頼する側からすれば諦めて処分料金を支払うしか不用品を片付ける方法はありませんでした。

産廃

鉄くず、家電くず、プラスチックが無料で処分できます。

そこで、当センターではトップページの右側「高価買取ができる秘密」でも説明しているように、余計な経費は徹底的に削減し、売り先を多数用意することで、アルミホイールを買取する時であれば、買取特典のサービスとしてこれらの不用品のほとんどを無料で回収しています。(もちろん、アルミホイールの買取金額はしっかり現金でお支払いいたしますのでご安心ください。)資源としての再利用が難しいといわれている、紙のオイルエレメントやエアーフィルター、電球やドアのガラス、ゴムや布などはで残念ながら無料での回収はできませんが、それでも今までの処分代を最大で約80%程度も削減できるのです。
例えば、エレメント用と鉄くず用のドラム缶各1本を2ヶ月に1回ペースで産廃業者に依頼すると年間で180,000円(15,000円×2本×年6回)になります。これを当センターが無料で回収することで今までの量を半年でドラム缶1本程度にまで減らすことができます。そうすると年間で30,000円(15,000円×1本×年2回)になります。18万→3万なので6分の1(約20%)になります。本来は本部や経営者が決めたアルミホイールの回収業者に依頼をしなければならないお客様が、無料回収サービスを利用するために当センターにアルミホイールの買取を依頼しています。「本部が決めた業者はどうするの?」という心配もあるでしょうが 、ほとんどのお客様がそうしているように、そこは既存の回収業者とも上手にお付き合いいただければ良いと思います。

処分にかかる経費の大幅な削減ができます。

利益アップ

今まで経費だった処分料金を削減できたということは、それはそのまま利益ということです。これは、決してお客様に損をさせるような話ではありません。元々、このサービスを始めたきっかけも、無料回収をして欲しいとの要望がお客様から多くあったからです。時間はかかりましたが試行錯誤をしながら実現することができるようになりました。アルミホイールの買取時であれば、買取特典として不用品の無料回収が付いている。これは、当センターが自信を持っておすすめできるサービスです。是非、遠慮なくご利用下さい。ご連絡お待ちしております。

PageTop